2009年10月04日

先日

突然、目の前にチョコレート色のUFOが現れたのですよ。
そして、一瞬のうちにあたりがパーッと紅茶色の光に満たされた刹那、
そこからその日一日の記憶がありません。
きっと、連れ去られたんだと思います。

だから、こないだの土曜に、
わざわざアウェイなエリアのヨーカドーに出かけていって、
リプトンコーナーの前に陣取り、
必死でわさわさおまけを漁っていたのはきっと、
あのときチップを首に埋め込まれ、思考を乗っ取られていたせいなんです。
間違っても私が年相応の分別がないとか、
恥も外聞もない人間であるとか、
そのような事由に起因するものではありませんので、
どうぞそこのところ、お間違えなきようよろしくお願いします。

というわけで、チップの成果物。
続きを読む
posted by ta at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のよしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

近頃話題のゲーム

なんかすごそうですね。
こんなのもあった。

見てて、昔読んだ星新一のショート・ショートを思い出しましたよ。
確か、
会社に備え付けの人工知能があって、それが、
使う人の好みの味を覚えてコーヒーを出してくれたり、
癒し系の声で優しい言葉をかけてくれたりするもんだから、
主人公の男性は、人間の女性がだんだんがさつに見えるようになってきて、
その機械と一緒にいるときこそが幸せだと思ってしまうようになるというような
ストーリーの(※)。
もうそういう時代になりつつあるんですかね。
日本大丈夫かな。ただでさえ結婚する人が減って少子化も進んでるのに。

あと、開発者インタビューも読んでみたんだけど、
つい先日読んだ富野由悠季氏の講演録と好対照なので、
そういう目線で読むといろいろ面白いです。


※:『未来いそっぷ』所収の「オフィスの妖精」。
 でも読んだのが10何年前なので、ひょっとしたら細かいところで記憶違いがあるかもしれません。
 もしあったらすみません。

posted by ta at 03:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のよしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

おいおい

このどこが応援なのかと。

そして、そういえば、と
ここを思い出して見に行ってみたんだけど、
こっちも相変わらずみたいですね^^;このへんとかこのへんとか。

posted by ta at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | てきとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

予想外の快挙

これ見てましたけど、まさかやり投げでねぇ。すごいすごい。

でも愛媛で村上っていうとこの人と一緒やん。
あのへん村上姓多かったりするのかしらん、と思ったらやっぱりそういうことなのね。
村上水軍の末裔というのであれば、やり投げが上手いというのもなんだか納得してしまう。
村上ショージは来る世界を間違えたんではなかろうか。
posted by ta at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | てきとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

高野山ちょこっと観光の記

たまにはまじめに観光日記を書いてみようかと思ったところ、
えらく長くなってしまい、
アップするまでに間があいてしまいましたが、
海の日の連休に高野山へ行ってきました。

続きを読む
posted by ta at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけの記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

車掌、駅に置いてきぼり 1キロ走って追いつく

あんたは周倉かと。
(参考:快脚周倉

手が回らなくて久々更新も手抜き。
高野山に行った時の写真も載せたいんだけど、そのうちそのうち。

posted by ta at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | てきとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

暑いと体力の消耗が激しくて

なかなかネットに労力が回らない。
そんなわけで、かなーり出遅れた話題ですが。続きを読む
posted by ta at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のよしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

最近の七夕の

サマーバレンタインってぇのはなんなんですかね。
織姫と彦星は夫婦だというのに、なんで恋人同士のイベントになるのかと。
夏場に消費が落ち込むチョコの、需要拡大を狙っているのが見え見えではないですか。

でも実際、カップルやスイーツにひきつけたイベントを考えれば、
なんだかんだで乗せられちゃう人も結構いるんでしょうよ。
時期的に、ボーナスもらった人はつい気が大きくなってたりしそうですしね。
ま、いいですけどね。そうやって消費が伸びて景気が上向けば、
みんなハッピーですから。

それはそうと、七夕云々で思い出したのですが。
何時間か前に「星が見えない」と残念そうなメールが来たので、
「きっと地球のどこか別な場所では晴れてるから(織姫と彦星も)大丈夫でしょ」
とかなんとか返したのですが、かえって不粋なことを言ってしまった気がしてなりません。
民話の中のカップルの逢瀬より、自分のほうが大丈夫かどうか心配になってきました。

それにしても、
元はといえば古代の中国の人の妄想に過ぎないものが、
これだけ文明の進んだ現代まで形を変えながら生き延びて、
いまだに大きな影響力を持っているんだから、
考えてみれば、なんだか不思議で面白い話ですよね。
星を見てロマンチックなストーリーに浸るのは無理でも、
そういうところにロマンを感じる心は忘れずに生きていこうと思います。

posted by ta at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のよしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

写真のポーズのかわいさにあやうくだまされかけましたが

下の文章をよく読んでみると、ものすごーく微妙な事態だということが判明。

どういうことかというと、
ジャガーの2歳は人間で言うと青少年期くらいで、
雄ジャガーは雌ライオンとの間に交雑種を生じることがあるのですよ。
(ちなみに交雑種はジャングリオンと呼ばれます。)

  (一応参考URL)
  ・Wikipedia 「ジャガー」の項
  ・ウェブサイト“THE ANIMALS”「ジャガー」の項

だから、

2歳のジャガーが、隣に越してきたライオンのつがいを好奇心いっぱいに眺める。

という状況は。

たとえていうなら、

高校生男子が、隣に越してきた白人の夫婦を覗き見しているようなもの

でありまして。
「好奇心」の内容が邪なものである可能性すらあるわけで。

…ね。微妙ですよね。

ま、ついこういう、うがった見方ばかりしてしまう私が
一番邪なんですけども(ぐはっ)。

posted by ta at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のよしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。